スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3次元CAD

無料の3次元CADが結構使えそうです。

3DCAD.png


前からちょっと触ってみたいなぁと思っていたんです。
ピンキリあるけど買うと、ン十万~ン百万するので手が出せないなぁと諦めていました。

先日時間が有る時に、ネットで「3DCAD」を調べていたら、無料の物を見つけました。
なんだか割と使えそうな感じがしてます。
自力でどこまでやれるか不明ですが、触りまくってやろうかと思います。

しかし、会社に居ながらにしてこんな物が手に入るとは、、、

すごい時代やと思います。



今日の一言

ネットの情報は嘘も多いが、専門業者より正直な事もある



自分で動いて判断しなあきませんね。
スポンサーサイト

やはり

2~3ヶ月先のイメージが出来ていません。

11月に生産管理のベテランが退職して以来、他の活動の優先順位をちょっと下げて、組織体制の見直しと社内の対話に傾倒していましたが、やはり順位を落とした他の活動がうまく行ってません。
特に見積依頼が減っている事が大きな危険信号です。年末年始だからという見方もありますが、危機感を感じずには居られません。やはり何事もバランスが大切です。
しかしバランスバランスと言っていると何事も中途半端に終わることも知っています。その骨となるものが、経営で言うと経営理念であることも気づきつつあります。今は意識して思い出さないと、その骨の部分に繋がる決断が出来ていないように思います。これも日々鍛錬なのかどうかは自信を持って言えませんが、思い出す習慣が出来ただけでも進歩だと自分に言い聞かせつつ、「共存共栄」のキーワードの元に苦しい決断をする毎日です。

前に「経営者の動きは会社に時間差で大きな影響を及ぼす」と言った覚えがありますが、今それを思いだしています。経営者の小さな所作でさえ全体に大きな影響が出ます。ある傾向(現場の引き締め等)はすぐに影響が出ますが、本質的な傾向(整理整頓や組織間の協力体制等)は時間差でしか効果が出てこないです。この時間差が個人レベルでの不満と達成感の誤解を生みだします。その誤解にここ数年振り回され続けました。そして今も悩み続けています。あと何日で目標を達成出来るか?決めて動くことが難しい期限を、経営者は決め続けて動き続ける必要がある事を感じます。

難しいばかり考えていると、自分自身の元気を損なうので、
夢を妄想する習慣も最近はついてきました。
「今しんどいけどこれがうまいこと行ったらこんなええ状態になるで~!」という妄想を毎回繰り返すようになりました。しかめっ面の後にニヤニヤする毎日です。こんな有り難い習慣を手に入れられたのも、周りの人達のおかげだという感謝の想いです。

やはりプラスとマイナスは表裏一体だと言う事です。
皆さん今年もがんばりましょうっ!

色々学んでます

ブログは休憩が多いですが、学び多い日を過ごしています。

シリーズで50万部売れている
「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者、
坂本光司さんのお話を聞かせてもらう機会がありました。
事前に「あの方の話を聞いたら翌日から必要とされる良い会社になれる。
絶対に聞くべきだ。他の仕事より絶対に大切な時間になる。」と
ある剛腕社長様から聞いていましたが、
「いやいや。あんまり期待していたらイカン。。」と思いながら参加しました。

まず最初は、企業の果たすべき使命について、
「5人を幸せにする事」と「普通はその順番を間違えている」というお話でした。
5人とは、大切な順番に、
1.社員とその家族
2.社外社員とその家族(社外とはパートナー企業の事です)
3.顧客
4.地域住民
5.株主・関係者
です。

同友会的に言うと、5人の事も順序の事も何百回も聞かせてもらってきた事ですので、
「ウンウン。そうそう。」と納得していました。

しかしその後の3社の実例のお話でうなってしまいました。
最近よく感じる「感動と危機感」が同時に襲ってくるお話でした。
経営者としての本気度をもう一度考えさせられ、危機感を感じ、
それでいて理想の企業像を見せてもらい、感動を頂きました。

後で他の方たちの感想を聞きますと、
一律皆「感動した。本当にいい話だった。」と前提の上で、
中には「矛盾もあった。でも人間臭くていい。」とか
「頭では分かってもできるもんじゃない。やり過ぎなとこもあるのでは。」とか
本当にいろんな意見がありました。

私も最近よく「5人の幸せとその順番」について考えることがあります。
「社員とその家族の幸せ」が大切な事は、解っています。
しかしもっと本質的に掘り下げると「自分とその家族の幸せ」が大切な本心があります。
しかし「自分の幸せ」は周りの人達に支えられてこそです。
それをうまく説明するなんて事は難しいのでしょう。
生きザマで示すしかないのでしょう。

日々精進。日々感謝です。

感覚を繋げる!

加圧能力80トンのプレス機がサカイテックにやってきました。

70トン級のプレス機2台が不調で修理代がかさむ為、思い切って2台を処分し、中古ですが80トンのプレス機を導入しました。プレス機は寿命が長いです。弊社で一番古いプレス機は昭和40年位製造の物です。ザッと40年活躍しています。今回処分した70トン級のプレス機は昭和50年代のものでした。相当無理使いをしてきたのと、今回大きな故障が出たので処分する決断をしました。

8時半に重量屋さんが来るとのことだったので、8時頃に会社に行くと既に処分する機械を1台出してきていました。工場長が早めに来てくれていて良かったのですが、7時半には重量屋さんは着いていて作業を開始したそうです。ものすごくスムーズに進行し、10時半頃には予定通りの配置が完了していました。3台持ち出して、1台搬入し、工場内で2台移動しました。6台動かしたわけです。1台当たり30分です。速いですねーっ!重量屋さんの手際の良さにはいつも感動します。

IMG_1742.jpg
この機械が新しい80トンプレス機です。

IMG_1743.jpg
横付けして降ろしています。

IMG_1744.jpg
指定場所まではスイスイ4~5分で持ってきます。

IMG_1746.jpg
この方向転換が面白いっ。

IMG_1749.jpg
スルスルと方向転換してます。

IMG_1751.jpg
ローラーが鉄板の段差を越えられないので、プレスの正面側を吊り上げて4ヶ付けていたローラーをずらし、真ん中の少し後ろ側に2ヶ付けて鉄板の上に誘導していってます。不安定で緊張する場面です。

IMG_1752.jpg
鉄板の上でローラーを装着です。鉄板の上の定位置に持っていきます。

IMG_1754.jpg
あとはスルスル移動です。鉄板の上からローラーが脱落しないように慎重に定位置に移動します。

IMG_1755.jpg
コチラは今回お役御免の75トンプレス機です。色んな思い出が詰まった機械です。「75」と書いてある左斜め上のスライド調整の丸い所も上下に動くのですが、それが作業者の頭の位置に来る事があり、そこでよく頭を打ちました。もの凄い痛かったですが、今となっては思い出です。お疲れ様でした。

IMG_1756.jpg
コチラは社内で移動した45トンプレス機です。汚いですね。年末にはキレイに拭いてあげたいです。

IMG_1757.jpg
そしてコチラが新入りのアマダ製80トンプレス機です。これからバリバリ頼みますよっ!

総じてスムーズに移動完了しました。やはり日頃の3S活動もこういうところで効いてきている気がします。通路が確保できているので重量屋さんもやり易かったのではないでしょうか?
それで終わりではなく、移動した2台と新入り1台のレベル出しと配線作業があります。こちらの方が時間がかかります。移動は10時過ぎに完了しましたが、レベル出し等で結局18時までかかり、それでもやり残しましたので、残りは月曜日に持越しとなりました。
その間、工場長と私は生産活動をやっていました。工場長はブレーキ曲げ加工、私は丸棒曲げ加工で一日分の加工賃を半日弱で稼いでおりました。久しぶりの2人きりでの生産でしたが、邪魔が入らない休日はほんとに仕事がはかどります。「このペースで毎日生産出来たら最高やのになぁ」とシミジミ感じた時間でした。
仕事は段取り命な事も改めて確認しました。そして、繰り返しの仕事であればそれを次に繋げる重要性を痛感しました。1回目より2回目、2回目より3回目、とより良い状態で仕事をする工夫は動画や写真で勘所を記録しておく事が大切です。おそらく同じ人が繰り返しやる場合は段取りの工夫が繋がっていってると思いますが、もし違う人がする場合はもちろん、自分が再度やる場合も含めて、「思い出す」とか「考える」必要を少しでも減らしてあげる事が、スピードを更に高めたり、工夫の幅を広げることに繋がると痛感しました。

感覚を繋げる!

未来の自分に、周りの人たちに、感覚を繋げていきたいと思います。

一日が早いです

昨日は不幸があり身内の社員さんが3名欠勤でした。

手痛いですが、仕方ありません。
私も現場に入りました。
丸棒を切断して曲げる仕事をしていました。
一度図面間違えの不良を出してしまった品物の代品なので、慎重に何度も何度も図面を見返して段取りをしました。一本切って、曲げて切断寸法を決めて、何本か切断し、バラつきチェックをし、何度か図面を見返してチェックしました。そこで工場長が応援を回してくれたので、切断の方をTさんにお願いし、切ってもらいながらもう一人のM君に曲げの説明をしながら寸法チェックをしていたのですが。。。

二人でもう一回図面を見ると・・・

間違ってますっ!

1mm取り違えてました!
「おーーーー!のーーー!」
少量とは言え、手に入れるのに時間はかかるし、2000円/kgの材料です。
「やばぃぃぃぃ!」と一瞬思いましたが、長い方に1mm間違えていたのでホッと一息でございました。
200本程再切断して被害はそこで止まりました。

自分では20回くらい図面を見て段取りしたのですが・・・
思い込みとは恐ろしいです。
結局外寸と中心線の取り違えの様なミスだったのですが、
丸棒の曲げ図というのは中心線で書かれる事がほとんどです。
ノギス等で実物を計測するのは外寸です。
今回の丸棒は直径2mmでしたが、大抵の場合は暗算して外寸を確認します。
これが危ないのですね。
せめて外寸を図面に書き込んで仕事をするべきだと学びました。
そして第3者のチェックです。面倒ですが新しい目で一つ一つ見てもらう事が必要です。
今更ながら基本的なミスを犯してしまいました。

名誉挽回の為付け加えますと、引き継ぎの時に手順通りに細かく二人で確認しながら教えていたので
ギリギリのところで発見できました。
「こうやって曲げてな。ここをこう測ってほしいねん。ここが図面で298mmやから外寸が300mmやろ・・・・・・・・・・ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!
ちゃうやん!片側外寸やから299mmやん!やべぇぇ!」
という具合でした。冷汗かきました。

夜は12月例会の打ち合わせでMさんの会社に行ってきました。
公開では第一回目の打ち合わせだったのですが完璧でした。一度2時間の原稿に膨らませてから、50分に絞り込んだそうです。まだ1ヶ月以上あるこの時期にこれであればやり過ぎくらいです。ストーリーとエピソードの時間配分のバランスが絶妙だと思いました。No2思考のサラリーマン役員だったMさんが社長になっての戦いがリアルに語られていました。あとは、現在では結論を出し難いと思われるところまで考え抜いて、ご自身の熱い思いが語られると、会場が感動の渦に巻き込まれるのでしょう。今回の報告はおそらくそこまで行きます。ほんとに楽しみです。

内容で印象的だったのは、仕事を任せる事の難しさです。全部任せきってしまえばいいのでは、とか、報告のルールが必要なのでは、とか、意見が出ました。勉強になります。私は最初にも最後にも必要なのはやっぱり「ベタな人間関係」だと思いました。「腹を割った対話」「信頼関係」が無いと、仕組みを作ってもどこかにいつの日か問題が出てくるのだろう。そう感じながら実行しきれない自分に焦りを感じていました。

Mさん、いいキッカケをありがとうございます!
プロフィール

tagakazu

Author:tagakazu
2009年の11月に社長就任。
6年目となりました。
テーマは
「何でもやってみる!」
「感じて伝えて共感旋風を巻き起こす。」
楽しく行きます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2ブログランキング
よろしければクリックを

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
28776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
811位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。