スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数のお話

経理の方から、メッキ屋さんからの納品伝票の数が発注数と合わない件について話をしました。

カッコ悪い話ですが、サカイテックは100ヶのつもりでメッキ屋さんに品物を渡して、発注書を発行していたものが、実は183ヶ有ったのでメッキ屋さんから183ヶの納品書が来た事が話の始まりでした。過去にも何度か有ったようで調べたら、出荷係の方で数を確認できなくて、コンピューター上にある製作数に従って発注書を切ったところ、実際に回ってきていた数はそれとは違う数であったようです。要するに、作った製品の数量の情報が出荷係に伝わっていない所に問題があるわけです。出荷係を責めるとしたら、根拠のない数量情報で注文書を発行している点です。しかし何より問題なのは、せっかくある程度製造で把握出来ているはずの数量情報が出荷係に伝えきれていないことです。と書きながら、私もお客様の想いを100%社員さん達に伝えきれているかと言えば、もちろんやりきれていません。しかし、いつまでに何個という情報は最重要情報です。サカイテックでは、社外との数のやり取りはほとんどの場合、ある程度の信頼関係の上に成り立っています。イチイチ全部の数を数えてチェックしてません。これは、会社によって様々だと思います。「もちろんチェックするよ。」って会社さんもたくさんあるでしょう。弊社は工場内で一年間に流通する「部品の数×使用数」で言うと、計算した事無いですが、多分1000万個位になると思います。工程の段階別に同じものを数回チェックするとしたら数千万個になります。まず1000万個として、それを社員数30人で割ると、33万個の数を1人頭でチェックする事になります(ザッとした計算ですが)。ひょっとしたらチェックすればそれくらいの価値があるのかも知れないですが、チェックなんてしだしたら、1回でいいのか、いや2回やろ、3回要るんちゃう。とキリが無いように思います。何千万円もチェックの為にかかってしまいます。それでは本末転倒です。

しかし、しかしです!数に対していい加減であると他にもいい加減になりそうです!いや、なってしまいます!バランスって何度も言いますがそのバランス感覚を揃えていきたいのです!3Sに対しては徹底トコトンも良いのかも知れませんが、その目的をしっかり共有していないと、優先順位のところで社員がバラバラになってしまうはずです。いい加減を良い加減にしなイカンのです。「ちょ~どえぇ~」状態です。そんな語呂合わせはあまり好きではないですが、思いついたので書きました。目的を見失うと私も含めて、社員さんはもちろん、「目の前の仕事を早く片付けたい!」事にすぐに捉われてしまいます。そのスピード感は大切です!私に足りてないところです。でもでも、守るべきものを「感覚で」「習慣で」気づく感性を育てていきたい。そして、それを揃えていくのが私の仕事ですね。

がんばりまーすっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何千万ものお金をチェックに掛けるのを、少々投資しても、何分の1かに抑える工夫をした方がいいんでしょうね。数がいい加減では、多分それ以上の何千万ものロスがでているのでしょうし、数がいい加減な状態のうえには何も成立しない気がします。と自分に言い聞かせてみる

型オタさんへ

型オタさんの所は、品物の数についてはあんまり数とか関係なさそうですよね。でも解ってもらえるのが嬉しいです。情報の伝達の問題なんですが、そこに色んな根深い問題が潜んでるんです。
プロフィール

tagakazu

Author:tagakazu
2009年の11月に社長就任。
6年目となりました。
テーマは
「何でもやってみる!」
「感じて伝えて共感旋風を巻き起こす。」
楽しく行きます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ブログランキング
よろしければクリックを

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
28871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
776位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。